サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リフォームについて | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
賃貸住宅の防音対策
賃貸住宅の防音対策についての方法と費用


例えばピアノ室を増築すると仮定した場合、

床、壁、天井、窓に防音対策をしなければなりません。


その他に扉を防音ドア、換気扇も防音式、 

窓は二重サッシにします。
 

床、壁、天井は下地に 防音シートや、

ボードを貼り付ける施工になります。

もっとも、アパートの壁は防音シートや、


ボードを使うのは現在では当たり前ですが


音を漏らさない防音室を作るわけですから、


二重壁、二重床、二重天井、


二重窓にすると効果があるわけですね。

より効果を上げるために、電灯の取り付けのための穴 

エアコン取り付け穴の隙間をなくす工夫も必要になります。


 

費用はざっとですが、


防音ボード 材料費 4,450円(90×1800僉

防音シート 材料費 23,800円(幅94×10メートル)

位ですが、ここに工事費が追加になります。

(工事職人の日当として15,000〜20,000/日、

 加算されるでしょう。)





アパートの防音対策として


賃貸アパートの防音の場合は、隣との境界の壁を 

防音施工にすると声が漏れない程度にはなります。



防音対策として既設のアパートなどの賃貸住宅の場合、


どれくらい金額がかかるか事前に調べて、


入居者側から提案するなら、


入居者が、どれだけ負担する準備があるかを決め、


不動産屋や大家さんと交渉してはいかがですか。


古い物件、不人気エリアにある物件や、駅から遠い物件など、 

利便性に欠ける物件なら相談に乗ってもらえると思います。


 

リフォームすることによって、空室対策になって、


物件の価値が上がるなら、


大家さんも十分検討可能になるでしょう。


 

空室を抱えた苦心している大家さんの場合、


退去されると、空室を埋めるのに苦労します。



リフォームすることによって、


長期入居が可能な借り手が付く見通しになれば、


リフォームの検討をするでしょう。



古くなった物件の場合 あちこち痛んだり、


手を入れなければならない箇所が増えて来ます。



どのみち 直さなければならないのなら そこにうまく便乗して


次の更新の時に うまく提案すれば 費用も大家さんの方で


負担することになるかもしれないですね。


           

 








関連記事
中古住宅を買った時の寒さ対策と防音対策

木造アパート床の防音工事

新築アパート建築 防音対策について

入居者からのクレーム対応と修繕態勢

女性が住まいを選ぶ際に特に気にすること


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク