サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


買い替えについて | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
不動産屋さんを訪れてみてわかったこと(売却保証システムと、リースバックシステムと、新古住宅システム)
不動産屋さんを訪れてみてわかったこといろいろについて詳しく(売却保証システムと、リースバックシステムと、新古住宅システム)について



久しぶりに不動産屋さんの担当者と会ってみてお聞きしたことがありますが、



不動産屋さんのシステムもいろいろと増えているらしい。


目新しいところとして、売却保証システムと、リースバック売却システムと、


新古住宅システムとが増えているらしい。



不動産業者のいろいろな制度について


(最近の不動産屋さんの取り組みを見て)


いろいろわかったことがあります。



売却保証システムとは、


売却保証とは、万が一、期限までに売却できなかった場合に、


あらかじめ決められた価格で不動産会社が売却を保証すシステムだそうです。



つまり、お客さんの売り物件を万が一、期限までに売却できなかった場合に、


仲介業者がその物件を買い取ることを約束をするものですね。


売れ残りのリスクをカバーし、安心して仲介での売却を目指すための、


いわば保険のようなものだと思います。



仲介の場合、いついくらで売却できるか、


あらかじめ確定させることができません。



一方、業者買い取りの場合は、時期は確定しますが、


価格は仲介で売却するより2割近く安くなるらしい。



これは、次の住み替えが先に決まっているなど、


持家の売却時期に期限があり、


なおかつ、出来るだけ高い価格で売りたいという場合があります。


こういったケースに強いのが、


仲介と買い取りそれぞれのメリットを含んだ、


売却保証というシステムだということです。




次の、リースバックシステムとは、


通常、家を売却すると引き渡しと同時に家を明け渡すのが当然です。



しかし売却しても、そのまま住み続けられる方法があります。



それがリースバックシステムというものです。



これは、売却してまとまった資金が欲しいが、


買替えはしたくないという方に向いている制度ですね。



今、住んでいる住宅を不動産会社が買い取って、


お客様(売却者)は、家賃を払いながら、


そのまま賃貸で住むことができる制度だということです。




最後に、新古住宅システムとは、


中古住宅をリフォームすることによって、


新築でも中古でもない新古住宅として売るシステムらしい。



お客様は物件の本当の価値より、


見た目の第一印象に左右されがちです。


そこで、中古住宅の価値を上げるとともに、


買主が心地よく住むことができるためのリフォームを施して、


新古住宅として売り出す制度だとか。


つまり、売主様は、建物は現状のままで引き渡す。


設備の故障や不具合もそのままでOK。


家財道具や粗大ごみもそのままで大丈夫と言うものだそうです。



不動産さんが高い値段で買い取って、


リフォーム後、販売するというシステムですね。



売主は、仲介で売るとなると、リフォームが必要だったり、


家の中を見られたり、いつ売れるかどうかと、


いろいろ大変です。



この制度なら簡単確実に売れるというものです。



買主には、きれいになった物件を購入していただけるので、


次の日から、気持よく住むことができるだろうと。



ちなみにリフォーム代金立替え制度もあるとのことです。



通常、工事代金はリフォーム完了時に請求されるので、


その時点で預貯金などから工面する必要があり、


そのために、多くの方はお金が用意できず、


事前にリフォームすることを敬遠しがちになりますが、


不動産会社は売主に変わり、リフォーム代金を一時立替え、


成約後にお支払いただく制度を取り入れているのですよ。



これにより、売主側の負担を最小限に抑えると同時に、


物件を最高の状態にし、競争力を高めた上で、


売却活動を開始することが可能になって来るのです。



不動産屋さんもいろいろ苦心して、


いろいろな制度を取り入れているものですね。





不動産屋さんによってはこのようなシステムも、


設けているところもあります。



住宅を売ろうとしている方は、ぜひ、


一度聞いてみてはいかがでしょうか。



もちろん査定はありますが。


ちなみに私が訪れた業者は地方の中堅どころです


大手の業者ならもっといろいろな制度があるでしょう。



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク